お知らせ

More

スキルだけを磨く時代は終わり。市場価値を高めるたった1つのシンプルな方法とは?

スキルだけを磨く時代は終わり。市場価値を高めるたった1つのシンプルな方法とは?

こんにちは。幸せキャリアカウンセラー 多喜まどかです。

みなさんは自分の「市場価値」を問われた場合、どのように答えますか?

市場価値の2大要素

おそらく、多くの方の答えは

  • 〜のスキルがあります
  • 〜の経験があります

といった感じでしょうか。

特に就職活動においては、必ず意識しなければならないところですね。

人柄など主観的な部分も大切ですが、こうした客観的に推し量れる部分も、とても大切。

キャリアカウンセラーが、就職活動中、あるいは将来のキャリアプランを作りたいクライアントの方に、しっかりと棚卸ししていただく2大要素でもあります。

この「スキル」と「経験」がかけ合わさって、ようやく、その方の客観的なアピールポイントがはっきりしてきます。

スキルと経験値、どうやって高める?

前者の「能力やスキルを高めること」は「能力開発」と言われます。

この力を高めるためには、

企業にお勤めの方であれば、人事教育チームが提供してくれる研修などを利用する手がありますし、

フリーランスや自営業の方でも、様々なセミナーやワークショップなど勉強会に参加する手がありますね。

自己啓発書やビジネス書などを読むことも、立派な能力開発です。

一方で後者の「経験を積むこと」は「機会開発」と言われます。

では、この力を高めるためには、一体どうすれば良いでしょうか?

そう、答えはシンプル。

ただただ、実践の機会を多くするということに尽きるのです。

能力開発の落とし穴

能力開発はある程度、教育プランや中身が決まっており、やることが決まっているので、取り組みやすいですよね。

東京でも、連日、数え切れないほどの様々なスキル系セミナーが開催されています。

本屋に行けば、山盛りのスキル系書籍が並んでいます。

触れる機会、手に取る機会が多いので、ついつい「やった気持ち」「知った気持ち」になってしっている方は多いのではないでしょうか。

ただ、スキル系の学習内容は、時代が進むにつれ、アップデートされていくものです。

技術革新のスピードがますます早くなるであろう、これからの時代は、その更新頻度も更新回数も倍速でアップしていくでしょう。

スキルを磨いて磨いて、結局、その実践を積まないままになっていませんか?

もしかして、ただの資格マニア、セミナージプシーになってしまっていませんか?

スキルを磨いたにもかかわらず、実践しないまま、その内容を忘れ去ってしまっていませんか?(これが一番不幸…。)

耳の痛い方もおられるかもしれません。

経験値を上げることに注力しよう

「わかる」と「できる」は違う、とよく言いますよね。

「できて(経験して)」はじめて「真からわかった(スキルが身についた)」ということになるのかもしれません。

これからの時代は、ますます「どれだけ実践経験があるか?」が重要視されると思います。

要するに「スキルの上に確かに積み上げられた経験」が必要になるのだと思います。

運任せで機会が来るのを待っているだけでは、経験値はなかなか上がるものではありません。

まずは、大量行動で、自分が必要とされる領域を開拓する。

そうして、チャンスが来たら、その流れを掴む。積極的に挑戦する。

失敗しても、気にしない勇気も大切。

これからは、皆にとって「初めての経験」であることも数多く出てくると予想されるので、失敗した人の方が、カッコイイと言われる時代が来るのかもしれません。

こういった挑戦や失敗を積み重ねることが、スパイラルに自分をアップさせていくコツなのだと思います。

今日は自戒の意味も込めて、書きました。

よく読まれている記事

多喜まどか プロフィール


国家資格キャリアコンサルタント。女性のキャリア相談、企業のキャリア教育プログラムの設計・運用、採用支援を中心に活動中。元テレビお天気キャスターという顔も。京都出身、東京在住。 詳しいプロフィールはこちら。