幸せ指数を高めるための5つのヒント。

幸せ指数を高めるための5つのヒント。

こんばんは。幸せキャリアカウンセラー 多喜まどかです。

あなたは「幸せ」について、普段考えることはありますか?

例えば今、「幸せって、どういうこと?」と子供に聞かれたら、どんなふうに答えますか?

「幸せキャリアカウンセラー」の意味

私はいつもこのブログで、「幸せ」という言葉をつけて「キャリアカウンセラー」を名乗っています。

初めは少し恥ずかしくもあったのですが、今はそれが私の軸となるべきものだと感じています。

カウンセリングでお会いした方に、

まどかさんの「幸せキャリアカウンセラー」という言葉には

「クライアントを”幸せ”にしたいという思い」と、
「クライアントの幸せを通じて自分も”幸せ”を感じたいという思い」

が混じっているんですよね。

と、言い当てられたことがあります。

そう、そのとおりです。

クライアントの方とお話しする際、答えはいつもその方の心の中にあります。

私はそれを表面に出して気付いていただいたり、選択に迷うときに振り返っていただいたり、

背中を押したり、どう行動につなげるか考えたり、そのお手伝いをする立場です。

どこまでいっても、その方の幸せを願うキャリアカウンセラーでありたいと思っています。

幸せ指数の高め方

米国の著述家のジェリー・ミンチントン氏は、幸せ指数を高める方法を紹介しています。

それは、以下の5つ。

・本当に楽しいと思うことをもっとする
・ネガティブな出来事を分類する
・幸せを感じる理由をたくさん見つける
・自尊心を高める
・いいことが起こると期待する

つまり、

・我を忘れて何かに没頭できることをして
・「どうにもならないこと」と「なんとかなること」に分類し、「なんとかなること」にだけ集中して、
幸せを感じる理由をたくさん探し出す習慣を持ち、
・自分が素晴らしい人生を送る価値のある人間だと信じ、
・楽天的に前向きな考え方で行動を起こす

ということですね。

意外かもしれませんが、「幸せ」とは心の状態のことを指すので

自分でコントロールできるのです。

私も若い頃はネガティブな考えにとらわれる癖があったのですが、

そんな癖がつくと、不思議とネガティブな事柄を次々と引き寄せてしまいました。

コントロールしようと努力することも、時には大切だと思っています。

幸せにつながる行動をするために

ただ「こうなったらいいな」という幻想を抱くだけではダメですよね。

そこで行動を起こすエネルギーも必要です。

もしそのエネルギーが低くなっているな、と思うことがあったら

自分の大切な人や、我々キャリアカウンセラーでも構いませんし、

誰かの手を借りて、またエネルギーチャージしてみてください。

 

そうやって自分なりの幸せを見つける人が増えて、支え合って前に進んでいけたなら、

それこそどんなに幸せなことだろうか、と思うのです。

明日からあなたも「幸せ指数」を高めませんか?

お知らせ

More

よく読まれている記事

多喜まどか プロフィール


国家資格キャリアコンサルタント。キャリア教育・女性支援を中心に活動中。キャリアカウンセリングと元テレビお天気キャスターの発声スキルで、「自分らしいキャリア」「伝わる声と話し方」を求める方々を応援しています。京都出身、東京在住。 詳しいプロフィールはこちら。