結婚相手は「自分はこの人に何をしてあげられるだろうか」という観点から探すのが一番。

結婚相手は「自分はこの人に何をしてあげられるだろうか」という観点から探すのが一番。

こんばんは。幸せキャリアカウンセラー 多喜まどかです。

みなさま、初詣には出かけられましたでしょうか。

おみくじをひいたり、絵馬を奉納した方も多いのではと思います。

絵馬によくある文字。

それは「良縁に恵まれますように。」。

誰もがのぞむものですよね。

異性との縁

縁というと、特に独身者の方にとっては、もちろん気になるのが、異性との縁。

キャリアカウンセリングでは、最大のライフイベントでもある「結婚」に関するお話をされる方も多くおられます。

「結婚願望のない若者が増えている」なんてことも聞きますが、確かにそうかもしれません。

そして若者だけでなく、これまでお仕事に夢中で婚期を逃してしまったと感じている方も、多くおられるというのは事実。

私自身も晩婚でしたので、お気持ちはとてもよくわかります。

ぜひ良縁を掴んでいただきたいと、いつも心から思っております。

良縁を逃しやすい行動

今日、「良縁を逃しやすい行動」という記事を、興味深く見ておりました。

その中で挙げられていたのは以下の6つでした。

■自分に自信がなく、卑下してしまう
■ネガティブな考え方や発言をしてしまう
■人の悪口ばかり言っている
■理想が高すぎる
■自分から行動できない
■出会いの場から遠ざかっている         出典はこちら

もし思い当たる節がある方は、1つずつ項目ごとにじっくり追って、

自身の考え方や行動を変えてみるのも良いかもしれません。

結婚相手を探すときの思考

そういえば、先日とある方とお話していて、結婚に関してとても印象に残る言葉を伺いました。

結婚相手は「自分はこの人に何をしてあげられるだろうか」という観点から探すのが一番。

確かにそうかもしれない、と思いました。

「自分がこの人にしてもらいたいこと」が先に立つと、肝心の結婚後もうまくいかない気がします。

これは異性関係に限らず、人間関係全般に言えることでもありますが、

異性との関係も「常に、GIVEの5乗の精神」が大切なんですね。

まとめ

2017年、新しい年が明けました。

巷では、2020年という節目の年を、あなたは誰と迎えますか?

なんていう言葉も言われていますが…

 

もし恋愛や結婚に臆病になっている方がいらっしゃいましたら、

「自分はこの人に何をしてあげられるだろうか」の思考で、

今年、一歩踏み出していただけたらうれしいです。応援しております!

お知らせ

More

よく読まれている記事

多喜まどか プロフィール


国家資格キャリアコンサルタント。キャリア教育・女性支援を中心に活動中。キャリアカウンセリングと元テレビお天気キャスターの発声スキルで、「自分らしいキャリア」「伝わる声と話し方」を求める方々を応援しています。京都出身、東京在住。 詳しいプロフィールはこちら。