どうせなら、笑いジワを増やそう。

どうせなら、笑いジワを増やそう。

こんばんは。幸せキャリアカウンセラー 多喜まどかです。

最近とあるメディアで見た、こんな言葉が心に残っています。

「ハッピーな女性が一番きれい。」

 

「そのとおり!」

とは思うのですが、いつも

「そのとおり!」

の姿で居ることって、むずかしいですよね。

ハッピーな表情、してますか?

先日、夫と街に出かけたときのこと。

夫がふいに、こんなことを言ったのです。

 

「なんで女の人って、怒りながら歩いている人が多いんだろうね。」

 

私は一瞬、「…え???」

と、彼の言っていることが理解できませんでした。

そして

「どういうこと?」と聞いてみると、彼はこう言いました。

 

「いや、こちらに歩いてくる女の人の顔を、よく見てごらんよ。

全員、しかめっ面だったり、口角が下がった状態で、歩いてる。」

 

そこで、私が人ゴミの中の女性たちをよく目を凝らして見てみると…

わわわ………本当だ。

そのとおりでした。

普段は気にしていないので驚いてしまいましたが、

足早に歩く女性たちが

みんな不機嫌そうな顔をして歩いているのです。

 

私は思わず心の中で叫びました。

 

まずいですよ、お嬢さんたち!

その表情では、彼氏に会いに行けませんよ!

その表情では、眉間のシワやほうれい線が深くなっちゃいますよ!

その表情では、そのまま、お顔が形状記憶されてしまいますよ!!

 

そして、

「あれ?私自身はどうなんだろう。いつも1人で歩いているときの表情は…」

と我が身を振り返り、

「同じかも…」

とすぐ反省。

足りない、「笑顔」。

夫には

「女性は仕方ないんだよ、お化粧の見え方もあるだろうし、

今みたいな寒い季節は顔もしかめっ面になるし。」

と答えておきましたが、

いや、問題は、そういうことではないんですよね。(苦笑)

 

私たちの普段の生活に足りないのは、「笑顔」なんですよね。

例えば、

悪い思考ばかりに走っていたら、年をとったら、変な場所にシワができる。

怒ったり、人を妬んだり、羨んだりしていたら、身体もだんだん病んでくる。

これって、当たり前。

「笑顔」をもっともっと、意識しないと。

表情から変えていこう

キャリアカウンセラーは、クライアントの方の表情をよく見ます。

特に最初の表情を。

私は占い師ではありませんが、最初に相対するときに、

なんとなく、その方の、その時点でのバイオリズムというか

オーラのようなものを読み取るようにしています。

当然、ご相談内容は、如実に表情に表れています。

 

私はせめてカウンセリング後のクライアントさまには、

笑顔で帰っていただきたいなぁ、と、

その場ですぐ笑顔になることは無理だったとしても、

何かのヒントとなり、行動につながり、笑顔になれる日がいつか来て欲しい、と、

そう心の底から深く深く願っていますし、それが叶うことが喜びだと感じています。

「笑顔」を作る場としても、大切にしていきたいです。

どうせなら、笑いジワを。

いつも、とはいかないでしょうけれど、

できるだけ笑顔を心がけることは、

女性に限らず、男性にも、大切ですよね。

でも、繰り返しになりますが

大切だとはわかっていても、むずかしいのが現実。

ただ…

どうせ年をとってシワがいくんだったら、

断然、笑いジワの方がいいと思いませんか?

 

どうせなら、笑いジワを増やしましょう!

心と美容の両方にテキメンです。

2017年の合言葉は、これで決まりですね。(笑)

6月のキャリアカウンセリング予約受付中


先月は男性からのカウンセリング希望もお受けいたしました。
男女共に、ワークとライフ、どちらも大切にしたい思いは一緒ですね。
6月の予約可能日のご案内です。

2017年6月のキャリアカウンセリングのご案内
ライフイベント期(20~40代)のキャリアにまつわるあらゆるお悩みに寄り添う、カウンセリングサービスです。ご相談内容が明確な方にお勧めしている「キャリアカウンセ...

よく読まれている記事

多喜まどか プロフィール


国家資格キャリアコンサルタント。女性のキャリア相談、企業のキャリア教育プログラムの設計・運用、採用支援を中心に活動中。元テレビお天気キャスターという顔も。京都出身、東京在住。 詳しいプロフィールはこちら。