人生の転機(トランジション)を自分のなかで昇華すること

人生の転機(トランジション)を自分のなかで昇華すること

こんにちは。幸せキャリアカウンセラー 多喜まどかです。

あなたはトランジションという言葉をご存知ですか?

以前にも少し触れたことがありますが、トランジションは

「人生の転機・移行期」

を指し、キャリアカウンセラーがよく用いる言葉です。

トランジションを昇華すること

トランジションは、具体的には

失業や離婚、近親者との死別などの辛い出来事から

入学、入社、結婚、出産、昇進などの喜ばしい出来事まで

人生で体験する、いわゆる「転機」のことを表しています。

こういった人生の節目となるトランジション(転機)は

自分の人生を振り返る機会にもなります。

一見、マイナスと思われるトランジション(転機)であっても

あとで思い返してみたら、

  • あの体験がなかったら、次に進む勇気は持てなかった
  • あの体験がなかったら、なんとかしようと頑張ることはできなかった
  • あの体験がなかったら、自分が後でそんな風になるとは気づけなかった

などといったことも多いものです。

トランジション(転機)の時こそ、この体験から

  • 自分はどうありたいのか
  • 自分が本当にやりたいことは何なのか
  • 自分はこれからどう生きたいのか

を導き出せるチャンスなんですよね。

しっかり立ち止まって、あるいは後から振り返って、

自分の中で昇華することがとても大切です。

年功序列制度が急速に崩れ、生き方が多様化していっている現在、

個々がキャリアを考える上で

  • トランジション(転機)の感情面での受け止め方
  • トランジションを、生きる目的やビジョンを見つけるためのチャンスにする方法

について勉強できる機会がもっと増えると良いなと思いますし、

私自身も今後そういったセミナーを開催して

みなさんをサポートできたらと思っています。

人生を「前から」見るか、「後ろから」見るか

人生80年と言われますが、私の人生の先輩の言葉を借りますと

30代までは人生を「前から=未来進行」で見るが、
40代からは人生を「後ろから=未来過去」で見るようになる

のだそうです。

つまり年齢がいけばいくほど、

残りの「人生の時間」を意識しながら行動するようになっていくんですね。

私なんかも、そろそろそれが納得できる年齢になってきました。(笑)

人生で、これだけはやりたい、と思っていることは何か。

これを考えることが大切であることは明白です。

ただ、実際は「自己実現」のみを追求するのは難しいものです。

なかなかそれを追求するだけでは前に進めないし、

実は、幸せにもなれなかったりするですよね。

この大切な視点についても、次回お話しできればと思います。

6月のキャリアカウンセリング予約受付中


先月は男性からのカウンセリング希望もお受けいたしました。
男女共に、ワークとライフ、どちらも大切にしたい思いは一緒ですね。
6月の予約可能日のご案内です。

2017年6月のキャリアカウンセリングのご案内
ライフイベント期(20~40代)のキャリアにまつわるあらゆるお悩みに寄り添う、カウンセリングサービスです。ご相談内容が明確な方にお勧めしている「キャリアカウンセ...

よく読まれている記事

多喜まどか プロフィール


国家資格キャリアコンサルタント。女性のキャリア相談、企業のキャリア教育プログラムの設計・運用、採用支援を中心に活動中。元テレビお天気キャスターという顔も。京都出身、東京在住。 詳しいプロフィールはこちら。