「キャリア」を考えるときに、「愛」を語ることはタブー!?

「キャリア」を考えるときに、「愛」を語ることはタブー!?

こんにちは。幸せキャリアカウンセラー 多喜まどかです。

皆さんは「ラブ・キャリア」という言葉をご存知ですか?

その言葉のとおり、「愛」と「キャリア」ですね。

アメリカなどでは、この関係について自然に語られるようですが、

さて、日本ではどうでしょう?

「愛」が「キャリア」に影響することもある

先日テレビを見ていた時、

「夫の夢を応援することに専念するために仕事を辞めたい」

という女性が出演していました。

稼ぎもしっかりあって、仕事からの充実感も得ている様子なのに、

それでも「何かが足りない」と思っていたんですね。

そして彼女にとっては、その

「何か」

が、

「彼(夫)の支えになりたい」

ということだったんですね。

彼女の「夫への愛」が今後の人生の「キャリア」に大きく影響したのです。

「愛」と「キャリア」は密接な関係

ご存知の方もおられるかもしれませんが、「キャリア」という言葉は、

単純に職業のことだけを指す言葉ではなく、人生そのものを指す言葉です。

  • 人生で何を大切にしたいか
  • 何を実現したいのか
  • 周囲の人や社会にどう貢献していきたいのか

など、それらをしっかりと目の前に描くことが、

夢への一歩となり、次の行動につながっていきます。

人生のなかで「愛」が不要だ、皆無だ、という方は、

なかなかいらっしゃらないんじゃないでしょうか。

「愛」というのは

もちろん、先述のような夫婦「愛」だけでなく

親子「愛」、兄弟「愛」、友「愛」などなど、様々な角度から考えられます。

例えば、恋人への「愛」ではどうでしょう。

恋人とお付き合いしているとき、

  • 相手と将来、どう過ごしたいか
  • 相手と将来、どんな関係になりたいか

のようなイメージを描き、

  • そのために努力すべきこと
  • そのために妥協すること

などを、1つ1つ考えながら、実行しながら、前に進んでいく人は多いと思います。

そのなかで、場合によっては、自分の描いたキャリアの夢を諦めることもあるかもしれません。

あるいは、「ここまではしなくても大丈夫。愛が壊れることはないから。」

と何らかの決断をして、ようやく

お互いの気持ちや(良くも悪くも)将来への展望・生き方が確認できることもあるかもしれません。

「愛」と「キャリア(人生)」は密接に関係しているんですよね。

「キャリア」を考えるときに、「愛」を語ることはタブー!?

長い人生のなかでは、

  • 「仕事」は順調だけど、「愛」はうまくいってない
  • 「愛」は順調だけど、「仕事」はうまくいってない

という時期も、ありますよね。

このどちらか一方がうまくいっていないと、やっぱりどこか「生き方」がぎこちなくなったりする。

逆に両方を手に入れると、両方を伸ばしたい、良くしたい、と、ますますがんばれたりもする。

精神学者のフロイトの言葉に

精神の健康のためには、働くことと愛することの2つが大切だ

というものがあるそうです。

「キャリア」というと、どうも「仕事」のことばかりに目がいってしまいがちですが、

「キャリア」を考えるときに、「愛」を語ることはタブーではありません。

キャリアカウンセリング中も、同じです。

恥ずかしがらずに、どんどん「愛」を語ってみてください。

これは、これからの時代の新しい生き方・働き方を考えるとき、

一番大切なものを見失わないための1つのヒントでもあると思います。

6月のキャリアカウンセリング予約受付中


先月は男性からのカウンセリング希望もお受けいたしました。
男女共に、ワークとライフ、どちらも大切にしたい思いは一緒ですね。
6月の予約可能日のご案内です。

2017年6月のキャリアカウンセリングのご案内
ライフイベント期(20~40代)のキャリアにまつわるあらゆるお悩みに寄り添う、カウンセリングサービスです。ご相談内容が明確な方にお勧めしている「キャリアカウンセ...

よく読まれている記事

多喜まどか プロフィール


国家資格キャリアコンサルタント。女性のキャリア相談、企業のキャリア教育プログラムの設計・運用、採用支援を中心に活動中。元テレビお天気キャスターという顔も。京都出身、東京在住。 詳しいプロフィールはこちら。