品品 〜 自由が丘 盆栽・苔の好きな方にオススメ!上質な空間に癒されました!

品品 〜 自由が丘 盆栽・苔の好きな方にオススメ!上質な空間に癒されました!

こんにちは。強みを活かす!幸せキャリアカウンセラー 多喜まどかです。

最近、夫の影響で、「盆栽」や「苔」を見るのが楽しみになってきました。

自由が丘に、その方面で有名なお店があるというので、今日はそちらにお邪魔しました。

自由が丘駅から徒歩10分!閑静な住宅街にあらわれる空間

自由が丘駅から奥沢方向に歩くこと10分。

駅前のオシャレな町並みを抜け、閑静な住宅街に入ったその一角に、ひときわ緑の多い建物が見えてきます。
品品1▲木のボードに「SINA JINA」と書かれた看板が目印

「景色盆栽」で有名な、「品品」さんです。

お店の周りには所狭しと、たくさんの植物が並べられていました。

季節柄、ちょうど綺麗な紫陽花が咲いていて、とっても雰囲気がある空間です。

一見、雑然と置かれたように見える植物たちですが、そのどれもが大切に大切に育てられていることが見て取れました。

「景色盆栽」の上質な世界が広がります

外に置かれた植物を見るだけでもとても楽しいのですが、中に入るとまた上質な別空間が広がります。
品品2▲落ち着いた店内。それぞれの盆栽が、1つ1つの景色を表現しています。

盆栽や苔好きの方にはパラダイスかもしれません。笑

独特な形をした個性的な盆栽たちは、とても可愛く、凛として格好良く、見ていて飽きないものばかりでした。
品品5▲こんな苔だけの作品もあります。左は亀、右はハリネズミ。かわいいですね。

我が家の桜が枯れた理由がようやくわかりました

以前このブログでもご紹介したのですが、3月に購入した我が家の桜の盆栽が、1か月ほど前から元気が無くなってしまい、理由がわからないままとなっていました。

→我が家の桜についての記事
大切に育てているつもりでも、しおれてしまう時も、たまにある。
 ・結果を焦っても仕方ない時もある。

肥料をやっても、水をやっても、日に当てても…考えられるものは試したのですが、復活せず。

それを「品品」の店員さんにお伺いしてみると、理由を教えてくださいました。

その理由は…

「土の中にカミキリ虫が発生してしまったからですね」とのこと。

そして店員さんは、おもむろに実際に元気な桜と枯れた桜を持ってきて、目の前で、その両方の枝を切ってお話しはじめてくださったのです。

元気な桜と枯れた桜の枝の断面は…

桜を切った断面を見ると、その桜が生きているのか生きていないのかがわかるそうです。

まずは、こちらが元気な桜の断面。
品品3▲中央の断面をご覧ください。皮の内側に細く緑の輪っかが見えるのが元気な状態です。

そしてこちらが枯れた桜の断面。
品品4▲右の幹の手前の枝の断面をご覧ください。皮の内側に緑の部分が全く見えません。

カミキリ虫にやられて枯れた桜は、幹の根元がブヨブヨになってしまっていることもあるのだとか。

帰宅後に家の桜の枝を恐る恐るハサミで切ってみたら、やはりこれと同じ状態でした。本当に残念。

愛情を込めて、水と太陽に気をつけていれば大丈夫、と気軽にはじめた盆栽ですが、なんでも「簡単にできる」「1回でうまくいく」なんてことは難しいんですね。

だからこそ、その道の専門の「プロ」と呼ばれる人たちがいて、その知恵と技術を私たちは購入しているんだなと改めて思いました。

「品品」では、定期的に盆栽教室もやっているそうです。

私は大切な桜を枯らしてしまったこともあり、今後はそうならないように、その道のプロから色々と学ぶことが必要だなと思いました。

「品品」の展示販売があるそうです!

品品さんの出張展示販売が開催されるそうです。

最近は「苔女子」なるものが流行っているとテレビでも紹介していました。…そうなんでしょうか?(笑)

もしご興味のある方は、ぜひお立ち寄りくださいね。

日時:6月29日〜7月4日
場所:新宿伊勢丹 本館6階 催事場にて

品品 お店情報

6月のキャリアカウンセリング予約受付中


先月は男性からのカウンセリング希望もお受けいたしました。
男女共に、ワークとライフ、どちらも大切にしたい思いは一緒ですね。
6月の予約可能日のご案内です。

2017年6月のキャリアカウンセリングのご案内
ライフイベント期(20~40代)のキャリアにまつわるあらゆるお悩みに寄り添う、カウンセリングサービスです。ご相談内容が明確な方にお勧めしている「キャリアカウンセ...

よく読まれている記事

多喜まどか プロフィール


国家資格キャリアコンサルタント。女性のキャリア相談、企業のキャリア教育プログラムの設計・運用、採用支援を中心に活動中。元テレビお天気キャスターという顔も。京都出身、東京在住。 詳しいプロフィールはこちら。